ドライブ 子連れ

子連れドライブを快適にするグッズ

子連れドライブで気をつけることについてですが、まずはグッズがあります。子供の気をまぎらわせるためのグッズであったり、子供の体調管理に必要なグッズがあります。具体的にはまず、日よけとしてサンシェードを置いておいたり、手がよごれたりしたときのためにポケットティッシュやウエットティッシュ、それから汗をかいたりしたときのためにタオルをおいておくのも良いでしょう。それからクルマの中にいるだけでは無いので、クルマの中においてあるグッズと共通させる形で汗をかいたときのためにタオルを持って行ったり、水分補給のために冷えた水やお茶を入れた水筒、日よけのために必要な帽子、怪我をしたときのための応急処置セットなどもあると良いでしょう。それから休憩のときにはパーキングエリアやサービスエリアを活用することが出来ます。今はベビールームと言うオムツを交換出来たり、授乳が出来る部屋が存在しているサービスエリアも多く出来ました。それから子供とのドライブに欠かすことの出来ないのはチャイルドシートであり、チャイルドシートに子供を乗せないで運転した場合には道路交通法違反になってしまうので、わすれずにしっかりとチャイルドシートをつけましょう。

グッズなど記事一覧

車内グッズ

子供を連れたドライブに行くときには、さまざまなグッズが有効活用できることがあります。それは普段からクルマの中に常備しておくものとしてもいろいろなものがあり、たとえば日よけのサンシェードだったり、手がよごれたときのウエットティッシュやポケットティッシュなどがあります。またカーナビゲーションにDVDプレ...

≫続きを読む

 

お出かけグッズ

クルマの中においておくグッズ以外に、出かけるときのためだけにもって行くグッズとしては、日よけのための帽子からはじまり、水分補給のために出来ればストロー付きの水筒に、お茶や水を入れて持って行きましょう。また車内のグッズとおなじように汗拭き用のタオルやティッシュなども持っていくのをわすれずに。また子供は...

≫続きを読む

 

PAとSA

パーキングエリアやサービスエリアは、子連れドライブにおいても役に立つ施設として現在では重宝されています。昔はトイレや売店などの設備しかありませんでしたが、今は24時間営業をしている自動販売機からはじまり、赤ちゃんのオムツを換えることのできるトイレがあるパーキングエリアがあれば、「ベビールーム」と呼ば...

≫続きを読む

 

チャイルドシート

子供といっしょにドライブをする「子連れドライブ」ですが、この子連れドライブのときにもっとも気をつけなければいけないことが「チャイルドシート」についてです。道路交通法が改正されて、日本においてはクルマに乗るときにチャイルドシートの着用が6歳未満の子供に義務付けられるようになりました。そう法律が変化した...

≫続きを読む