ドライブ 子連れ

トラブルの対処法

子連れドライブにおいて、いろいろなグッズやサービスエリア、パーキングエリアを活用したとしても、トラブルのひとつやふたつが起こることは良くあることです。そんなトラブルが起こったときに対して、どう対処をすればよいのかと言うことをかんがえてみましょう。子供は大人にはかんがえられないような行動をすることが良くあります。それが小さなものならまだ良いのですが、大きなものであった場合、思わぬ事故やトラブルの原因になってしまうことにつながりかねません。それから好奇心旺盛なのも子供の特徴であり、運転の邪魔をしてくることがあれば、車内で大騒ぎをして運転のさまたげになり、事故につながってしまうケースもあります。そうしたことをやめさせるのは同乗している大人の義務ですが、それ以外の自然的な要因によって子供にトラブルが降りかかったりすることもあります。具体的な例を上げると、たとえば夏の暑い時期にドライブに出かけたときに、子供が熱中症になってしまったというのがその一例です。それから子供はデリケートなためにクルマ酔いをしてしまうことも良くありますので、そういった子供に降りかかるトラブルにも気をくばるように注意しなければいけません。

トラブル記事一覧

熱中症

子供を連れたドライブにおいて気をつけなければいけないのが「熱中症」です。熱中症は子供にかぎらず大人でも、とくにお歳よりを中心に夏の身体のトラブルとして毎年病院へと搬送されるニュースが後を絶ちません。大人でも油断をするとそれくらいの症状になってしまうのが熱中症であり、これが子供に起こることもけっして他...

≫続きを読む

 

長旅による「飽き」

好奇心旺盛なのが子供のかわいいポイントのひとつでもありますが、飽きることにたいしても子供は早いものです。とくに、子連れドライブで遠くにドライブに行くことになるというと、クルマの中に乗っている時間が長くなってしまうために子供が飽きやすくなってしまいがちです。そうなるとクルマの中で大騒ぎをしたり、ドライ...

≫続きを読む

 

クルマ酔いについて

クルマに乗っていて起こるトラブルのひとつが「クルマ酔い」です。このクルマ酔いはクルマに関する車内の戸あらブルにおいて非常に多く起こっているものであり、それは大人にかぎらず子供においてもおなじく起こりやすいトラブルのひとつとして挙げられています。子供は早い場合ですと3歳から4歳くらいにかけて三半規管が...

≫続きを読む